ABOUT

Mono Japan

MONO JAPANはオランダの首都アムステルダムにて、日本のクラフトやデザインプロダクトに特化した展示・即売会として2016年からスタートしました。現代の欧州人のライフスタイルにフィットし、日々の暮らしに喜びを与えてくれる商品、欧州で求められる日本のシンプルな美しさ、天然素材、コンテンポラリーさを孕んだ工芸品、などの商品をセレクトし、欧州において日本プロダクトの浸透に貢献してまいりました。

日本のモノづくりは、文化的なユニークさと天然素材の使用、それらを熟知する職人的知識や技術という価値が詰まっています。これらにはSDGsやサステイナビリティーが重要になるこれからの時代に、もっと世界に貢献する可能性があると考えています。

オランダの団体であるMONO JAPANは、オランダのクリエイティブ業界のネットワークと日本のモノづくりが良い形で出会うことで、新しい時代に求められるモノのあり方や作り方などが生まれる機会を想像すべく、2019年より文化事業も運営しています。

日本発のモノを通して、人や文化や技術が出会い、未来へとつながる場。これがMONO JAPANが目指すものです。 

MONO JAPAN 展示・即売会

オランダのデザインホテルとして世界中にファンの多いロイドホテル。デザインが異なるホテル客室が、MONO JAPANの会期中だけは日本からの選りすぐりのプロダクトが集まる展示空間となります。2016年2月からスタートし、毎年2月頃に開催されてきたMONO JAPANは、大規模な国際見本市が多い欧州で唯一在EUの日本人を中心とした運営チームによって、あえて小規模に、そして丁寧に日本のモノづくりを紹介してきた展示会です。

日本の消費者の好みやニーズとは違う欧州のマーケットにおいて、彼らに伝わる製品を伝わる形で見せること。

そしてMONO JAPAN展示会で、欧州現地の来場のお客様に素晴らしい商品と作り手の方との出会いを創造することが、日本の作り手の皆様に喜びとインスピレーションを与え、欧州の皆様には日本のモノづくりの価値を知る機会となる。

このようなイベントづくりを目指しています。

あいにくのCovid-19により、2019年2月の展示会開催は延期となりましたが、この度2022年9月に第5回MONO JAPAN 展示・即売会を開催することに決定いたしました。
詳細はこちらよりご覧いただけます。

その他、継続的に開催可能なオンラインによる受注会 MONO MONTHLYにて、日本のモノづくりや素晴らしいブランドをご紹介させていただいております。

MONO JAPAN展示・即売会 2016〜2019年の出展全メーカー・団体・作家
2016/ Arita | 830デザインラボ | Aizu Creative Japan | ALIMANO | アセミコ | 淡路市商工会 | AZMAYA | Based on Roots | BP. | BLUEVOX! | C& | CERANIS | シーラカンス食堂 | EN TEA | 福岡生活道具店 | gift by gifted l ひひひ | 兵庫県線香協同組合 | 森一朗 | In Praise of Shadows | 一新堂 | i ro se l Idea books | 出雲ノ | 金井工芸 | Kapoc | KATALOKooo | 片山文三郎商店 | KIMURA` | kitta | knot | KODAMA TOKI | Kyoto Craft Session | 京東都 | List: | MAKER KAMER | マアル | マルヒロ | mature ha. | MGNET | Mio Heki | Misc-Store | MUJUN | ナガサキリンネ | 長崎県 | N STORE. | 南景製陶園 | NISHIGUCHI KUTSUSHITA | Nombre | 岡本屋門左衛門 | 大山製茶園 | orit. | Pfütze | POLS | PULL + PUSH PRODUCTS. | 佐賀県 | 佐賀県観光連盟 クラフトツーリズム | さしものかぐたかはし | schop | 有馬晋平 | スノーピーク | 竹楓舎 l studio仕組 | Sweet Hirado | SyuRo | タグチクラフテック | 宝島染工 | TAKUMI Craftworks | tamaki niime | TIME & STYLE | TSUNAGU SONOGI TEA FARMERS | うきは市 | うつわ祥見 | 山の形 | 山越 | ヤンマ産業&HARAPPA

2016〜2019年開催の過去の展示会・アーカイブはこちら

 

オンライン受注会 MONO MONTHLY

2020年のCovid-19の影響から、展示会開催が行えなくなったため、オンラインにて絶え間なく日本の素晴らしい商品と作り手を紹介する機会を模索しました。MONO MONTHLYは、オンライン受注会として2020年11月からスタート。

国際見本市の多くがオンラインにシフトした中で、MONO JAPANはMONO JAPANらしく、「作り手の姿を見せること」「コロナ前のような大量消費型でない、環境負荷を考えた今の時代らしいあり方」を考え、欧州ではまだ珍しいオンライン受注会を開催しています。

 

MONO JAPAN AIR

MONO JAPAN アーティスト・イン・レジデンス・プログラムは、2019年にMONO JAPANが日本のモノづくりとオランダのクリエイターとが出会い、協業できる機会を生み出そうと実施した新しい取り組みです。私たちのこのプロジェクトにおける目標は、日本の産地や製造業者、職人の得意な部分とオランダのクリエイターの優れた部分を持ち寄ることでお互いにとって良いパートナーとなり、デザインやイノベーションと伝統技術が組み合わさった新しいものづくりの未来への可能性を見出すことでした。

MJ AIR 2019
2019年初夏、MONO JAPANは初の文化事業として、AIRプログラムを始動しました。AIRとはアーティスト・イン・レジデンスの略で、アーティストが世界各国の受け入れ場所に滞在し、その土地でインスピレーションを受けながら制作を行う活動です。AIRプログラム第一弾の「MJ AIR 2019」では、福島県の会津漆器、京都府の神官装束、島根県の石州和紙の3つの産地が、2ヶ月にわたるオランダのクリエイターの受け入れと協業を実施しました。
このプログラムは、在東京のオランダ王国大使館、オランダの文化助成団体Stimuleringsfonds、そしてアムステルダム市のサポートにより実現しました。

MJ Online AIR 
MJオンラインAIRでは、2020年10月から2021年3月にかけて、2組の日蘭クリエイターのペアが度重なるオンラインミーティングによる国際協業を実施しました。各オンラインミーティングの模様は動画として配信しています。コミュニケーション方法がオンラインに限定された環境のなかで何が可能なのかを探る、実験的なプロジェクトとなっており、今後国際文化コラボレーションの運営や参加を希望する世界中の多くの方々にも参考にしていただけます。
MONO JAPAN YouTubeチャンネルにてショートドキュメンタリーをご覧いただけます。
オンラインAIRプログラムは、オランダの文化助成団体「 Creative Industries Fund NL」と在東京のオランダ王国大使館からのサポートにより実現しました。

 

MONO JAPANは2019年11月に在オランダNPO団体として登録、日本文化の紹介と同時にヨーロッパのデザイン文化との橋渡しをし、国際的で文化的価値のある機会創出を目指しています。

 

Our Vision

MONO JAPANはコンテンポラリーなクラフトとデザインによって、日本とヨーロッパの文化・クリエイティブセクターを繋げていきます。

 

Our Mission

MONO JAPANはヨーロッパを拠点に、日本の職人や技術の持続可能でフェアなビジネスモデルを創造しながら、日本ならではのモノづくりによる工芸やデザインをヨーロッパへ発信、浸透させていきます。

Team



中條永味子 (代表、ファウンダー) | 松永華子 (アカウントマネージャー)  | 筒塩絵美 (ストラテジックデザイナー)  | 武田昌也 (グラフィックデザイン)  | ヨルン・スキッパーズ (ウェブサイトデザイン・構築) 

In collaboration with

Lloyd Hotel

Supported by

Kingdom of the Netherlands Stimuleringsfonds N

Special Thanks

Our profound gratitude to the many people who helped us realise this event.

Bas Valckx (Embassy of the kingdom of the Netherlands, Press & Cultural Officer), Bas Kosters, Bonne Reijn & Justus Cohen Tervaert (Bonne Suits), Chitose Ohchi (C&), Daan Kok (Nationaal Museum van Wereldculturen), Erik van der Molen (Netherlands-Japan Association), Femke Riel (het Werkvan), INAMATT, Judith de Weert, Katsuhiko Ae (Ae Handkerchief), Kosuke Oho & Michiru Sasaki (WOW inc.), Maki Nakata, Ryosuke Matsuzaki (Qurosio), Marion Poortvliet (Crafts Council Nederland), Monique Zevenhuizen, Nana Yamazaki (Yamma Sangyo), Ranti Tjan (EKWC), Rie Nagasawa, Rieko Ishida, Ryutaro Yoshida (TIME & STYLE), Sabine Gimbrere (City of Amsterdam, International Office), Saga Prefectural Government, SAWANOTSURU CO., LTD. brewing SAKE in Nishigo, Samira Boon, Shinya Kobayashi (Coelacanth Shokudo / MUJUN), So Kubota (Kubota Sekishu Washi Paper), Suzanne Oxenaar, Shunji Ohashi, Yoshitoku Takahashi (JETRO), Yuiko Yokota (MUJUN), Yutaka Endo (LUFTZUG CO., LTD. / LUFTZUG EUROPE).