Workshops

Workshops

MONO JAPANでは2月16~18日の3日間、日本のクラフトの技を紹介するワークショップを開催します。 MONO JAPAN出展者から直接ワークショップを受けることができ、オランダで日本の伝統文化に出会えるまたとない機会です。是非ふるってご参加下さい!

ワークショップの参加費とは別途にMONO JAPAN 2018への入場チケットが必要です。

1

刃物研ぎのワークショップ&レクチャー

by MUJUN

刃物研ぎのワークショップ&レクチャー

日時:COMING SOON
開催時間:COMING SOON
開催場所:COMING SOON
参加費:COMING SOON

簡単な道具と知識さえあれば誰でも日本包丁やナイフが研げるようになります。日本の刃物のルーツは日本刀です。薄くて強く、鋭い切れ味を実現するため、軟鉄と鋼を融合して作られています。常に最高の切れ味を保つことができるのが日本の刃物の特徴です。
今回は刃物のマチ、兵庫県三木市からプロの包丁屋の宮脇さんが出張し、あなたの包丁を最高の切れ味にします。また包丁の研ぎ方もレクチャーします!自分で研げるようになると料理やクラフトなどのクオリティが上がり、楽しくなりますよ。

※ご自身の包丁、あるいはナイフを1丁ご持参ください。

2

四海波花かご製作体験

by Studio 竹楓舎

四海波花かご製作体験

日時:COMING SOON
開催時間:COMING SOON
開催場所:COMING SOON
参加費:COMING SOON

竹細工の名産地、大分県別府市に昔から伝わる「四海波花かご」。おめでたい席で謡われる謡曲 「高砂」の一節、「四海波静かにて…」 から名前頂いた花かごです。真竹を細く、薄く仕上げた「ヒゴ」という材料を使います。これを四つ目編みという編組で底を編み、四辺を波の形に編み上げまとめます。ワークショップではこの基本的な編み方を使い、竹のしなやかさ弾力を味わいながら編んでいく花かごです。竹ひごをつくるには気の遠くなるような修行が必要ですが、ご参加の皆様にはご安心ください、編むことに専念して頂きます。完成したかごは花かごとしてはもちろん、小物入れとしてお使いいただけます。伝統技法を使った一輪挿し(フラワーベース)作りを体験できます。
完成サイズ ( 約径120ミリ 高さ100ミリ )